女神は正義中毒にご用心☆



女神のみなさん こんにちは🌸


以前に目にしたあるテレビドラマの中で、

「正義中毒」という言葉がでてきてハッ!とさせられました。




自分にとっての正しさにそぐわない人や、許せないものに対して裁きを下すことで、


「自分は正しい善い人間なんだ」と思い込み、


その時の快感がやめられなくなって、

ますます何かを裁きたくなる…というループにはまる中毒だそうです。



これは今まさに巷でまん延している、

マインドの病の核心をついている言葉だなぁって思いました。




この場合に言っている裁きというのは、実際のパワハラやいじめもそうですが、


八つ当たり的に相手や会社を一方的に責めるクレーム電話をいれてみたり、


いまSNS上にあふれる批判的なコメントなどもそうですね。




「○○するなんて信じられない!あなたって本当に常識のない人ね!」


「もうこんな会社の商品はゼッタイ使わないから!」


「こういう時は○○するべきなのに!私がちゃんと言ってやらなくちゃ!」



この「正しさ」と「間違い」という、善悪の二極のマインドに乗っ取られていると、


どうしても批判しないといられなくなったり、厳しく指摘したり、相手を責めないと気がすまなくなります。



場合によっては、悪いと認めて相手が謝るまで執拗に追い詰めることもあります。




その時に

「私は善いことをしたわ!!」と一瞬だけ胸がスカーッとして、


脳内に心地よい快楽物質がでるから


またその快感がほしくなって、

「私の正義」を振りかざして裁くことをやめられなくなるのです。



善悪のマインドに完全に乗っ取られていることに気づかないまま…

この病んだループを「正義中毒」とはズバリよく言ったものです。




そうやって自分の中の正義をますます強めることで、


自分にとってのルールから外れた

"悪い人"や、"まちがっている人"や"許せない人"を、


周りにしょっちゅう登場させてゆくんですね。






ここまで激しい正義中毒ではなかったとしても、


私たちはこうやってつねにマインドの中で相手や何かを裁いて批判したり、

見下して責めたり…ということを、


無意識の中で日々やっていますよね。




お母さんから見た→何度言ってもできない子供


上司から見た→使えないダメな部下


先生から見た→ルールを守らない悪い生徒


真面目で正しき人から見た→社会的なマナーを守れない迷惑な人


健康に対して意識が高い人から見た→悪習慣をやめられない不健康な人



こうやって身近な例をあげてみると、

普通に身に覚えがありませんか?



そして脳というのは一日の大部分のエネルギーを、

このジャッジと批判に消費することで疲労するのです。




小さい頃から両親や学校教育の強い影響で、


「できるだけ善い人にならなければいけない」

「間違いや失敗をしてはいけない!」


…というような気持ちが、

強くすりこまれている人ほど特にご用心☆




その正しいルールや常識やマナーは、社会や大人たちからそう教えられただけであって、

必ずしも真実とは限らないでしょう?



そもそも正しさや常識なんて国や文化、時代によって真逆に変わる場合もよくあります。



だからちゃんと自分の中でそこに疑問をもたないといけない。


みんながそれぞれの正義の中で生きています。




自分にとっての正しさばかりを強め主張することによって、


私たちは逆に問題をつくりだし、相手を思いやる優しさや調和から遠ざかってしまいます。




正義中毒の人のように、実際にはっきり口にだしたり行動にまではしなくても、


つねに頭の中で人に対してジャッジしながらプンプン・イライラしていたら、


穏やかでしあわせな気持ちで過ごせるわけがありませんよね。




裁きと善悪のマインドに支配されていると必ずそこには対立が生まれ、


自分も相手も決して安らかな気持ちでつながることはできません。




私もそんなモードに引っ張られそうになった時には立ち止まって、


「私はいま険しい顔をして心の中で相手を裁いていないかな?


こうすることで本当に私はしあわせな気持ちでいられるだろうか?」


…と問いかけた瞬間にハッ!と我にかえり、


心がスーッと穏やかになってバランスがもとに戻ってゆくのを感じます。





マトリックスの中は二極の世界なので、

「良い人であろう!正しくあろう!」とすればするほど偏りが生まれて、


それとは逆の闇の世界をつくりだし、

結果的に自分が苦しみ、愛と調和からは遠ざかってしまいます。




善と悪

光と闇

天使と悪魔



いまだに3次元のマトリックスの中は、

この二極の戦いと対立が激しく続いています。



それは内側で自他を責めて戦っている人が、

まだそれだけ沢山いるということ。




だから自分への自愛も、


他者への慈愛も実現できないのです。




善は悪を裁き、


悪は善を裁いているのだから、


裁くマインドであるならば、


結局はどちらも同じもの。




現状の地球のマトリックスとはそういう世界です。


あなたはまだその中で生きたいのでしょうか?




永きにわたって人類はそれを何度も繰り返しながらずっと戦い続けてきたわけだから、


そのからくりに気づいた人からもう目を覚まし、その二極の世界を自ら抜けてゆく時です。




そのためには前回ブログでお伝えしたように、


まずはマインドをスローダウンして静寂にするレッスンをしてゆくことが基本です。




もう誰も裁かれることのない安らかで調和に満ちた世界というのは、


善悪のマインドを超えたその外側に存在しているのです☆彡




~share the message of love~

     まりあ




★人生でずっと抱えていたモヤモヤの原因が解放されて、自分の女性性を祝福できる幸せな実感をもてました!と好評中です★


<3月マンスリーイベント>


🌸女神のひな祭りごあんない🌸