夏至ゲート2022~次元上昇への理解~


もうすぐ2022年の夏至がやってきますね🌎️


次元上昇は自分には関係ないものと思っていたり、まだまだ誤解があったり、いまいち具体的なイメージがわかないという人も多いと思います。



次元が上がるというのはやたらエネルギッシュでテンションが高くなり、何をやってもうまくゆくポジティブな自分になる!みたいな事ではないんですよ。




例えば2人の人が同じ美しい景色を見て「キレイだね~!」と同時に感動していても、

低次の意識の人と高次の意識の人とでは、実は見え方や感じ方や捉え方がまるで違います。


肉眼で同じものを見ているようで、同じ感動体験はしていないのです。




その一番の違いは何かわかりますか?


それは「奥行きと深さ」という

体験の質(クオリティ)にあるのです★




低次の意識にいる時というのは、物事をほぼ肉眼や五感の浅いレベルでしか捉えられていないので表面的な薄っぺらい体験になりがちです。



もちろん本人にとって今はその世界がすべてなので、当然それより高い次元の事はわからないし体験もできません。



例えばそんな人が有名レストランでお料理を食べて、その美味しさを単純に表現すると、


「超あまーい!」

「めちゃ辛ーい!」

「これマジうまーい!」


…みたいな様子で、その感動にはあまり奥行きや深さは感じられないでしょう。




一方で全く同じお料理を食べても高次の意識の人は、


その料理を食する過程でじわじわ伝わってくる味の変化や深み、

口の中でひろがる様々な食材の味のハーモニーの複雑さを五感全体で繊細に楽しむことができ、


さらにぐんとゆたかで幸福度の高い体験になるのです。




高次の意識状態というのは物事がより立体的で多面的に見えていたり、


色や質感が鮮明で五感の感受性もすこぶる豊かなので、


低次の意識からは決して見えないものや感じられないものを受けとることができるのです。




だから次元を上昇するほど、

自動的に生きることへのよろこびや充実感や幸福感が上がってゆくのです。




それは日々のお仕事や日常の家事ですらも、自分の内側の次元が上がると感じ方が変わってくるということです。


低次にいる時は繰り返しの単純作業やルーティンワークが退屈でめんどくさい、つまらないことに思えたりしますね。


でも内側の次元が上がってゆくと、同じ単純作業であっても毎回がフレッシュで充実した楽しい体験になってゆくのです。




クリエイティブなお仕事や職人さんなどは、そうやって繰り返しの作業の中で自分と作品を同時に高めながら"極めて"ゆきますね。


それは切磋琢磨しながらも、つねに自分の内側の次元を上げていっている状態なのです。




日常のお料理ひとつとっても、常に次元上昇をしてゆく人のオムライスは普通のものとは比較にならないくらい味わい深くおいしくなって、食べた人を喜ばせ感動させたりします。



お料理というのは本当にフシギなもので同じ材料と調味料を使って作っていても、

作る人が変わるとどうしてこんなに違うの!?というくらい、

味わいやおいしさが大きく変わってきます。



それは作る人によって、いま立っている意識のステージがそれぞれ違うからです。


お料理でいえばその人の"まごころ"という質の次元が、仕上がりや味の違いとなって表れてくるのです。





次元上昇というのは単に上や下へのアップダウンのエネルギーの動きというよりも、


実際には「奥行き」や「深さ」のことをいうのです。




今いる生活空間の中にすでに5次元以上の高い次元は存在していても、

周波数が高すぎてそのレイヤーは肉眼の視覚では絶対に捉えることはできません。




自分自身が実際に意識をシフトしてその上の次元のステージに入ってゆくことで、


はじめてその世界が見えてくるし体験することができるのです。




次元上昇というのはマインドを通して理解できるものではなく、


自分のボディで実際に体感をしてわかるものだからです。




見た目はみんな人間の形をとっていて同じ世界に住んでいるように見えていても、存在している次元の領域はすでに皆それぞれが違うのです。


そしていま更にそれは顕著に多次元化して分かれていっています。




だからこれまでは足並みが揃っていた近しい人間関係であっても、

どちらかが飛躍的に次元上昇のプロセスが進むと、相手と"話がうまくかみあわない"という事が起きやすくなってくるのです。



もはや同じステージにはいないので見えているものが違うから、どうしても会話の不一致や理解にズレが生じてくるんですね。



今すべての人がシフト中だから、この事をよく理解できていると人間関係で他者に対して寛容でいられるし、自分もムリせず心穏やかでいられるようになります。




まだ見ぬ高次元というのはどこか遠い別世界にあるものではないし、

新しい場所でなにか新しい事をはじめないと体験できないものではありません。




それは今いる日常の中で自分の内側の奥へ~奥へと入ってゆくことで開いてゆく領域です。


外側の世界を探しても決して見つかりません。




その感覚をもっと具体的につかんでゆきたいならば、

何かひとつでよいから自分の好きな事にまっすぐ打ち込んでみたり、


いま人生で目の前にやってきている苦しい課題に向き合ってみながら、

そこから自分を深めてみることです。




趣味や習い事の世界でもいいし、

いま取り組んでいるお仕事や病気治療でもいいし、

大切にしたいけどうまくいっていない人間関係やパートナーシップの事でもいい。



なにか自分がわかりやすいかたちで次元を上げてゆくルートをひとつ持っておくのです。



変化してゆくうえで途中いろいろと必要な解放は起こってくると思いますが、

逃げずにそこを一心に内側へ深めてゆくと自然に新しい次元が開いてゆくのです。




すると自分を取り巻くモノや人間関係や仕事を含めたあらゆる体験や、

身を置いている環境すべてが次元上昇をしていた事に…後になって気づくかもしれません。




次元上昇というのは単に上を見上げてアグレッシブに進むことではなく、


実際には今いる場所で意識の奥へ奥へと入ってゆきながら、自分を深めてゆくことで開いてゆく次のステージ。




それは人生のクオリティがとてもゆたかに変容してゆく美しい瞬間です✨




この夏至のゲートから降り注いでくる光が、

私たちを後押ししながら次のレベルの次元上昇へと進めてくれます🌎️





~share the message of love~

     まりあ





【次元上昇のプロセスをより進めてゆきたい方はこちら】


➡マドンナフラワーセレモニーセッション