出産しない選択をした女神たちへ~マザーディバィンからのメッセージ~


🌹出産や子育てというのは女性にとって人生の大きな喜びの一つですが、


今生で出産や子育てを経験しない女性もまた同じくらい大切な意味があります。


・意図して出産をしない選択をした人


・子供を望んだけど授からなかった人


・シングルで出産の機会がなかった人

今回は少しデリケートなテーマにはなりますが、

意識的であれ・無意識であれ今生で出産をしない選択をした女性に向けて…


今このガイアのシフトの時期にタイムリーにやってきている、

マザーディバインからのメッセージをていねいに言葉にしてお届けしてゆきたいと思います。





出産というのは肉体次元の生物学的なレベルにおいては子孫繁栄としてとても大切なものですね。


結婚やパートナーシップのあり方が多様化してきている現代ですが、


出産に関しては昔も今も変わらず、

肉体的なレベルにおいて血縁のバトンリレーが続くシステムになっています。



でも現状はこの血縁のバトンリレーが、

家系的なカルマエネルギーのバトンリレーになってしまっていることが多く、


それは本来の魂の進化とは逆方向の流れになってしまうのです。


代々ずっと徳のエネルギーを積み重ねている家系ならば、

その子孫たちも健康的でゆたかに繁栄してゆきますが、


残念ながらこれまでの地球はそうではない、

不徳のカルマエネルギーを先祖代々と引き継いでいる場合が多いわけで、


結果的にその家系はいのちのジリ貧や衰退に向かってゆくのです。



そういったカルマのバトンリレーは大なり小なりいたる家系で見かけますが、

先日久しぶりにある昔の友人と話す機会がありました。


かつて彼女にはつらくて向き合うことができずに、心に封印してしまった重たい過去がありました。


そのでき事が起こった時にその痛みを癒し解放するチャンスでもあったのに、

彼女はそのでき事に怯えて蓋をして逃げてしまい、

当時の私は彼女の話に寄り添いながらもそれを少し残念に思っていました。


そのあと数年が経過したのち、

彼女は結婚し出産をして幸福にやっていると思っていたのですが、


封印したはずのかつてのカルマエネルギーは見事にそのままスライドして、

若い娘さんに引き継がれてしまいました。


その問題は今度は自分の子供を通してよりはっきりと目の前に現象化したことで、

結果的にまた彼女は昔と同じように悩み苦しむ事になってしまったのです。




自分が産んだかわいい娘がつらい思いをする訳ですから、

母親としては自分のとき以上に見るのが苦しいかもしれません。


詳しい話を聞いて驚いたことに娘さんに起こったでき事は、

かつて結婚前に彼女が苦しんだ事と不思議なくらいほぼ同じ内容だったのです。

本当はその時に自分が受け入れて終わらせるべきカルマから目を反らしたならば、


当然それはスライドして次の新しい世代にコピーされてしまうのがエネルギーの世界というものです。

もちろんそれは苦しみを何度も繰り返すことが目的でコピーされるのではなく、


魂としてはそのネガティブなパターンを終わらせたいがために、

わかりやすく現象化させて浄化しようとするのです。



いのちというのは浄化機能があり、

必ず進化・発展に向かうようにできているのです。


でも本人がそれに気づいて向き合う事ができず、

見たくないとただ避けてしまうから次世代まで持ち越してしまい、

どんどんその家系の強い「型」になってしまうのです。

だから同じ家系のDNAは必然的に似てくるし、「血縁」のパターンはより重く固くなって物質化してゆきます。


母から子へ~そして孫へ~です。


たとえて言うなら癌家系や糖尿病家系なんかはイメージしやすいと思いますし、


人間関係やお金の苦しみにつながる「因縁」というのもここから生まれてくるわけです。



そんな事がこれまでの地球のなかで気の遠くなるほど延々と繰り返されてきました。


このパターンをリレーのどこかで誰かが勇気をもって終わらせることなく、

もしこれからもずっとコピーし続けたらどうなるでしょう?



当然これはアセンションの流れに乗る魂さんにとってあまり喜ばしい事ではありません。


そして今は進化を選んだ魂にとって、

かつてないほどの大きな「リセット」のチャンスなのです。


新生地球へもってゆけないものは何だと思いますか?


それは「しがらみ」です。

これまでの重たいカルマはもってはいけません。

上の次元とは周波数が全く違うからです。




子供をもつというのはこの世的にいえば親として大きな責任を伴うものですし、


とくに母と子は愛という名の「執着」という感情でがっちり結ばれやすく、


年齢に関係なく親離れ・子離れができず重いしがらみになってしまう事も多いのです。



このときに輪廻の中である程度の成熟をしている魂さんの場合、


たとえ本人に自覚はなくとも、

「今回は出産をしない」という選択を上の次元で決めている場合があります。




それはもうこれ以上ネガティブなカルマを新しい世代に引き継がずに、


自分の代で終わらせ昇華させるという愛の選択でもあるし、


"立つ鳥跡を濁さず"で全てをリセットして、


新しい次元に自分を自由に羽ばたかせてゆくためでもあるのです☆彡





これまでの地球においては、


「結婚したら子供を産むのがあたりまえで、それが女性にとっての一番のしあわせ」という価値観が根深かったので、


上の世代の方ほど子供ができなかったことに肩身の狭い思いをされた人も多かったと思います。



出産を望む周りの期待や重圧につらい思いをして自分をすごく責めてしまった人や、


子供を欲しいという気持ちはあったけど、結果的に「授からなかった」ことに心を痛めた人もいるでしょう。


でももしかすると魂的なレベルにおいて自分自身の最善の進化のために、


今生あえて「出産をしない」という選択をしたのかもしれません。



もちろんこれは一概に言えることではないのですが、


・主に今生が最終転生の場合やアセンションの進化度が進んでいる魂さん、

・ツインレイの人たち、

・もともと地球外からやってきているライトワーカーやスターピープルの人たちは、


特にガイアの大きな転換期である今は出産せず子供をもたない傾向があります。




それは古いしがらみや執着が外れて、

物理的にもエネルギー的にも身軽である必要があるからです。

そもそもそこまで成熟している魂さんの場合には、

もう親子関係や家族単位を通して切磋琢磨しながら愛を学ぶという必要がなくなっていたりもします。

新生地球はもう「血縁」の家族という概念が重要視されるのではなく、


「ソウルファミリー」というコンセプトに移ってゆくからです。



改めて誤解のないようにお伝えしておきたいのは、


勿論これはいま出産をしていない女性全員にあてはまる話ではありませんし、


いま子供を持っている人は新生地球へシフトできない…という意味でもありません。



まだまだこれから出産する可能性のある年齢の女性もこれを読んでいらっしゃると思います。


🌹『それはどちらが良い・悪いではなく、


その人の魂の選択と進化度によります。

今生で出産する人も、出産しない人も

幸・不幸には関係なく、


今の段階でどちらの選択も等しく

その人にとって尊い意味があるのです』

…というのが、

このマザーディバインからのメッセージで一番お伝えしたいことでもあります。



それを踏まえたうえでこのメッセージに該当する人は、


「まさにこれは私のことだ!」と全身に納得感のバイブレーションが響きわたり、


自分に向けての言葉だとちゃんとわかるようになっていますし、


これまでの人生を振り返った時になぜ出産を経験しなかったのかがストンと腑に落ちて、


内側に深い感謝と安心感がひろがってゆくでしょう☆彡


~share the message of love~

      まりあ





【このメッセージ内容に対応する個人セッションメニューはこちら】


★マドンナフラワーセレモニーセッション