冬至ゲートウェイ☆サナンダからのメッセージ


先月の大きな節目となる冬至ゲートをくぐってから、

その後みなさんの調子はどうですか?



いま新生地球にシフトしようとしている本気の魂さんほど、

このタイミングで最後のおさらいをするかのように、

自分の魂のテーマや古いパターンがまとまって再浮上しやすい時だと光配信でもお伝えしていました。



私もなかなかエモーショナルな体験をしたので、

その中にみなさんが進むプロセスの参考になれる部分があればと思い、

少し長くなりますがシェアさせてもらいますね☆




ちょうど私もその頃あるできごとがトリガーになり、

かつてのハートの痛みがゆさぶられ丸3日ほど何にもできない状態に陥りました。



記憶と共に再浮上してくるつらい痛みを


寄り添っては感じて…

寄り添っては感じて…

寄り添っては感じて…


ひたすら見つめてゆきました。



その当時も時間をかけて何度も繰り返しコツコツと癒してきたはずの、

さまざまな愛にまつわる痛みの感情たちが、


次から次へと走馬灯のように浮かび上がってきて、

胸の中心に鋭く苦い痛みとして押し寄せてきました。




それはまるでハートの胸のど真ん中に鋭い杭を刺されたようなリアルな痛みで、


さらさら流れるようなキレイな血ではなく、


過去世を含め何もかもの痛みをぎゅっと濃縮したような血が傷口から滲み出てくるイメージです。


(生々しい不快な表現でごめんなさい💧)



まるでこれまで繰り返し愛の痛みをつくりあげてきた傷の幹部の中心に、

あえて触れてゆくような強烈な痛みなのです。



ちょうど世間はクリスマス時期だっただけに、

ハートの中心をえぐるような身体の痛みを感じていると、


何故かかつて肉体をもったキリストが脳裏に浮かび、

そこから十字架の磔刑のシーンが思い出されました。


(彼はこの何10倍も大きな痛みを一人で背負ってくれたのだろうか…。。。)





でも2日ほど経っても和らぐどころか、さらに痛みはじんじん増すばかり…。



「おかしいなぁ…これだけひたすら向き合ってるのに、

なんで普通の感情解放みたいに終わらないんだろう…。。。」



「私がもっと愛のゆたかで幸せな家庭に生まれ育っていたら…

こんなにも愛をこじらせ沢山の痛みに苦しまないですんだのに。。。」



「どうしてディバインはなんにも言ってくれないんだろう⁈

少しくらい痛みが軽くなるようサポートしてくれたっていいのに💧



…と胸の痛みをかばうようにお布団の中で小さく丸まっている私は、

高次の存在に対してもそんな子供のような泣き言すらでてきます。




それでもこれは新しい次元にシフトする直前にあえて起きてくるもので、


これまでの自分をつくりあげていた古い「型」をいったん壊すために、


魂の総ざらいとして必要な確認作業であり、


通過しなければいけない最終ステップだという事を私の内なる声は知っていました。




なので引き続き心の中で自分も過去の誰をも責めることなく、

次々とハートに浮かび上がってくる痛みをていねいに受け入れ感じ続けました。




愛を裏切られた痛み…


愛が壊れ大切なものを失ってしまう痛み…


どれだけ愛を渇望しても得られない痛み…


自分という存在をまるごと愛せない痛み…


愛に迷い、愛を見失ってしまう痛み…


相手と愛でつながれないさみしい痛み…


差し出した愛を拒絶される痛み…


愛の欠乏を他で埋めようとするみじめな痛み…


本当の愛ではないことに愕然とする痛み…


愛したくても愛が湧いてこない痛み…


愛をまっすぐに受け入れられない痛み…


愛をすなおに信じられない痛み…


愛に失望しあきらめ閉じてゆく痛み…




ハートの真ん中を突き抜けて背中の裏側までもが…


ズキズキ…ヒリヒリ…


ズキズキ…ヒリヒリ…


ズキズキ…ヒリヒリ…


いつまでこの痛みが続くんだろう…とひたすら感じながら、

いつのまにか深い眠りにおちます。





そしてようやく4日目の朝だったでしょうか…。



気づくとあれだけリアルに存在した胸の痛みが消えてなくなっています!!


静かに目を閉じて感じてみたらそこには何もなくなっていて、

わぁ!あんなに苦しかった呼吸もラクになってる~



すがすがしいフレッシュな光が、

頭上からまっすぐ体幹の柱を通って気持ちよ~く流れてゆくのです



もう痛くない!(ホッ♡)


やっと終わったんだ!! (ホッ♡)


なんかすっきり爽快!!!(お腹へった♡)



光がスーッと「貫通」




するとずっと音信不通かと思っていたこの絶妙なタイミングで、

サナンダ(キリスト意識)がコンタクトをしてきました。


(サナンダは私がライトワーカーとしてはじめて覚醒した時から、

ずっと共に歩み育んでくれているマスターの1人です)




『まりあ 本当にお疲れさま。


今回はこれまでの総清算となるようなディープな解放だったから、

時間も要し身体的にもだいぶきつかったですね。



この数日あなたが体験した痛みは個人的なものだけでなく、


肉体由来のご先祖たちのものや、


これまで地球で人類が繰り返し体験してきた愛の痛みのエネルギーが、


そこにすべて集約されていたんです。




今回あなたがそれをまっすぐ積極的に受けとめてくれたので、


多くの人が新しい次のステージにシフトしようとしている今、


あなたのボディのハートチャクラをひとつのポータルとして、


その大きな解放が成されていったんです。



人類のハートはワンネスでひとつに繋がっていますから。




病気であれ、家族問題や経済や仕事の問題であれ、


これまで人類の全てに共通する苦しみのカルマは、


根本的にはすべて「愛の痛み」というものから派生します。




多くの人間は痛みを嫌い避けようとしますが、


愛に繊細に傷つくことは弱いことでも、悪いことでも、不幸なことでもない。


むしろ「愛と痛み」は表裏一体の聖なるパラドックスなのです。




愛にまつわるあらゆる感情のバリエーションを味わいしつくし、


地上で体験した痛みが深ければ深いほど、


その「痛み」は天上においては「愛」というものにくるりと反転して昇華し、


それだけ大きな「慈愛」をマスターしたことになり祝福されるのです』




こういう大きなゲートを乗り越えた後にもたらされたサナンダの聡明な言葉は、


澄みきった光と共に私のハートに深くしみわたりました☆彡





~share the message of love~

     まりあ




【このメッセージ内容に対応する個人セッションメニューはこちら】


★女神のAwekeningコースまたはボディセッション

★マドンナフラワーセレモニーセッション