マドンナフラワーセレモニーを受けての感想



女神のみなさま、こんにちは。

運営スタッフのむつみです。



私がマドンナフラワーセレモニーを受けたのは、


昔、お付き合いした彼とのことが自分の奥底にまだなにか残っている…


と感じたことがきっかけでした。



自分では、あらゆるヒーリングを何度も受けてきて解放できていたと思っていたのですが、


自分の内側に向き合っていくと子宮の中に最後までなにかスッキリしていないものが残っているかも…

でもどうすればいいのかわからない…


そんな状態で日々を過ごしていました。



そして、社会の中で仕事に熱中していくうちに

男性性と女性性のバランスがどんどん崩れてしまい男性性過多になっていることが

すごく気になっていて、本来の自分を取り戻したい!!と思っていました。




「このセレモニーでどんなことを望んでいますか?」



と、まりあさんからの質問で始まり、



当時の想いが蘇ってきて、


愛と憎しみの両極を感じる日々がずーっと続いて


この気持ちがいつになったら終わりがくるのか…


と途方にくれてつらかった時のこと、


なぜか自分の男性性が大嫌いだったことを打ち明けました。

話終わるとまりあさんにからかけてもらった言葉は、

「きっとそれは愛という名の執着でカルマ的なご縁でしたね。


たとえその関係が自分の傷つくような結果に終わったとしても、


それが真実の愛ならば憎しみをずっと握り続けることなく、


最後には相手の幸せを祈ることができるものだから。



過去世でむつみさんが男性だった時に、


男性性特有のエゴイスティックな部分を自分ですごく嫌っていて、


今世でおつきあいしていたその彼が自分にしたことを通して、


その過去世のイヤな自分とが重なりませんでしたか?


だからよけいに自分の内側の男性性を受け入れられず、


許せない思いがずっとしこりになって残っていたんですね」

その言葉を聞いて、


ゾワゾワッと鳥肌がたち「そうだったわ!!!」と


カラダ中の細胞が叫んで目が覚めるほどその言葉に撃ち抜かれました。


そして、お花を使いながらセレモニーが始まり、


子宮が燃えるように熱くなって、


今まで溜まっていた感情がどんどんあふれ出て昇華されていくのを感じ、俯瞰していると


マザーディバインからふんわりとあたたかく

包みこんでもらった感覚になりフッと力がぬけて癒されていきました。


また原初の子宮とも出会うことができ、

こんなにも純粋だったんだ…と感じることができてとても感動した体験でした。



終わってしばらくは、

セレモニーがあまりにも濃厚すぎて放心状態になり動けなくっていました。

これだけでも私にとってはすごく大きな体験だったのですが…



余韻が残っている次の日からまりあさんから教えてもらったマドンナケアを

していくと大きな気づきの連続でした。

翌日、目が覚めると

私はずっと自分のことが許せなかったんだ…と

硬く封印していた想いがあふれ出てきて、


ただ投影してくれた彼は私にこのずっと抱えこんでいた想いを許す機会を与えてくれたんだ

と思えて感謝の気持ちでいっぱいになり涙があふれてきました。


自分の中に閉じ込めていた想いがスーッと消えていったのです。


また、一番驚いたのは子宮がこんなにも軽かったんだと実感することができ、


自分のカラダに無自覚すぎてこんなに重く緊張させしまったんだなと気付きました。


そのあとにやってきた生理も今までと違って、血液がキレイになっていました。



押し込めた気持ちを見ない見ないと目を塞ぐことにエネルギーを一生懸命に注いで、


カラダ中にいつもギュッと力が入り緊張していたことを今回マドンナフラワーセレモニーを

受けて実感することができました。


ようやく今回で長い間、子宮の中に封印されて残っていたものが終了したんだ…と

心から思えました。



なぜそう思えたかというと本来ならば、


この内容をもっと詳しく書いて多くの女性たちにお伝えしたかったのですが、


完全に解放されて思い出そうとしても思い出せないぐらい子宮の奥底にあった

色々な感情やわだかまりが見事に消えてしまったのです!!




長い間かけて抱えこんでいたものがたった90分のセレモニーで一瞬に消えたことは、

ホントにすごいです!!!!!



セレモニーというご神事のパワフルさに圧倒されました。


通常のセッションに比べて動くエネルギーの質が断然違うので、

みなさんも受けていただくと必ず実感できると思います。


周りの女性たちをみていると男性性と女性性のバランスが崩れていると

感じることが多くてこの社会の中で生きていると私も男性性が強くなりすぎていたので

すごく共感できます。



カラダは、大きな悲鳴をあげているのに

その声に全く耳を傾けることができなくなってしまい、

いつも我慢して頑張りつづけています。




そうなるとどんな現実が起きるかというと、



パートナーシップがうまくいかない…


カラダがずっと不調で肩こりや腰痛があったり…


物事が思うようにうまく進みずらい…


いつも何か不安を抱えてスッキリしない…


ワクワクすることをしているはずなのに思いっきり楽しめていない…



こんなことが私に起きていました。


このセレモニーをもっと早く受けれておけばよかったと本当に心から思いました。




今では、ホントに心もカラダも軽やかになり、

自分自身がマドンナフラワーセレモニーを受ける前とでは大きな違いを感じています。



自分一人では気づききれない子宮の声を聴いて、

多くの女性たちにこの体験をぜひぜひ味わってもらいたいです。





Mutsumi