セドナ~女神のボルテックスとの出会い~(後編)

前半のお話


翌日に私は なんとかレッドロックを登って とても高い場所から広大なセドナの風景を 見渡していた。 ここはユニークにも たくさんの宇宙船と赤土の大地が 螺旋状のエネルギーで一つに結ばれている。 まさに 宇宙と地球をつなぐポータル "天と地をつなぐ統合された場所" そして私の傍らには ホピ族の聖なる女性性シンボルの 赤いボルテックスが静かに立っている。 やっと会えたね!

カチーナウーマン!!


~聖なる女性性のシンボル~ カチーナウーマン

私がこの当時の話をしはじめたり

この写真を見せたりすると、

行った事がなくても頭がくらくらするとか

瞬時に鳥肌がたつくらい

強いエネルギーを感じるという人も多い。

そしてつい最近ディバインが

こう教えてくれて改めて驚いた。

「セドナのカチーナも

先日マウイ島で見た月の山の

イアオニードルも

女性の子宮を表しているんですよ」

そして実は

カチーナの数メートルすぐ横には

"ノエル"という

男性性のボルテックスも存在している。

今振り返っても 男女のツインのボルテックスが 隣合わせで存在している場所に導かれたのが 本当に意味深い。 私はカチーナとノエルに ていねいにご挨拶をして ここに招いてもらった事への感謝を捧げた。


~聖なる男性性のシンボル~

ノエル

しばらく私はそこでカチーナを感じて

思いを馳せていた。

だいたい世界のどの地域の先住民も

平和が長く続いた社会は

やはり女性性を

主体において大切に崇めている。

いつだっていのちの根源は

聖なる母性からはじまるからだ。

でも私たちが暮らす先進国は

今どうだろう?

母性や愛が見失われている場所が

たくさんあって

いのちの陰陽のバランスが崩れ

なにもかもが本来の在り方から

逆さまになってしまい

社会に闇と病をつくりだしている。

歴史を振り返ってもみても

男性性の陽が極まりすぎて

たくさんの歪みが生まれてしまった。

それによって

女性の集合意識に蓄えられた

痛みや悲しみの膨大な感情カルマは

相当に根深いものだ。

そして近年でも

子宮や性に関する病をもつ女性は

増え続けている。

これを本当に正位置のバランスに

戻せるのだろうか?

ガイアの次元上昇のいま

本当にこの世界は

 新生地球へシフトできるだろうか?

何を思ったのか私の身体は

ひとりでに動きだし

まず右にそびえ立つカチーナにハグをして

次に

左にあるノエルにハグをしに行った。

そして今度はあえて

陰陽の中立であるちょうど真ん中に立って

両足で赤い土を感じながら

宇宙に向かってこう宣言していた。

「私はいま

女性の身体で生まれた代表として

集合意識の痛みを終わらせ

陰陽のいのちのバランスを中立に戻し

すべてを統合します!」

こんな名もなき小さな存在が

なんだか恥ずかしくなってしまうような

壮大すぎる内容だけど、

そのために自分のいのちを全うしようと

私はこの時

真剣に宇宙に決意を届けた。

ここまできてようやく私は

スペースシップからセドナに呼ばれた目的が

この宇宙への宣言にある事を悟った。

 この旅はまさにセドナでの

イニシエーションのためだったんだ!


この頃すでに私は

Naia (男性レイ)と出会っていた。

まさかこの時すでに自分が

宇宙のプロデュースする

ツインレイプログラムの中にいるだなんて

全く知らなかった。

そしてこんな宣言をしたばかりに

統合に向けて

死と再生のプロセスに拍車がかかり

徹底的に崩壊と変容がつづく

きつい浄化の数年が待っているだなんて

思いもよらなかった。

 そして

このセドナのイニシエーションが

後々これほどまでに

今の活動に大きな意味を与えるなんて

想像すらしていなかった。

すべては今ここにつながっていたんだ。

宇宙ははじめから

ぜんぶお見通しだったんだね!

share the message of love まりあ

水と光のスピリチュアルセッションルーム

aquamana

​‐ アクアマナ ‐

​京都北山

Copyright© 2020 aquamana All Rights Reserved