ゆたかに繁栄する女神経営


いまたくさんの人が

「経済」というものを通して

内なるスピリチュアリティに

目覚めようとしている大切な時。

今日はそんな

タイムリーなメッセージです

これまでの時代


男性の現実を動かす力強い経済力のおかげで

オシャレで高いビルがたくさん立ち

街はあっという間に近代化し

モノはゆたかに溢れて

テクノロジーはすばやく発達しました。

男性がリードする

経済社会はとてもパワフルです!

私たちはその恩恵を

たくさん頂いてきましたよね。

ただ…そんな世界に

今たくさんの人が苦しんでいるように

心の中の内なる女性性とのバランスが忘れさられ

内なる男性性の力だけが一人歩きするようになると

すべてが競争になり

強固なピラミッド構造ができあがって

強者と弱者をはっきり分離させるような

支配的な経済社会ができあがります。

誰かが勝つと

誰かが泣かないといけないという

痛みがつねにつきまとい

必ず社会に闇と歪みが生まれます。

自分の夢や望みを実現する事よりも

誰もがお金のことでつねに緊張して

生きなくてはいけない世の中。

一見はモノがあふれ

豊かな社会に見えていても

エゴがベースになっている経済社会は

繁栄しつづけることはないので

いつかは必ず行き詰まって

崩壊するようになっています。

これまでは

心のある誠実なビジネス経営者より

ちょっとずる賢くエゴが強い人の方が

ビジネスが拡大できていました。

でも時代はすでに

心やスピリチュアリティを主体とした

女神の時代へとすでにバトンタッチされたので

自然の法則にそぐわないものは崩壊し

いったんリセットされてゆきます。

お金は俗世のものという

イメージが強いかもしれないけど

お経を営むのが「経営」だから

経済のめぐりは本来は神事であり


"お金は天下のまわりもの"というように

ベースにはまずスピリチュアリティありきです。

だから家庭の中の経済をうまくまわしたい時も

昔からよく言うように


稼いでくるのは旦那さんであっても

「お財布は奥さんが握っている方がうまくゆく」

のです

今そこにあるお金以上に

家庭をゆたかに繁栄させて

旦那さんが更に大きなお金を

生み出すことができるように育むのは

奥さんである女神の

スピリチュアリティの担当だから。

女神が主体となる経済社会は

まさにどこまでも続くゆたかな繁栄と

存在するすべての

いのちに優しいのが特徴です。

経済を動かす原動力が愛なのです。

女性が子供を授かるように

愛をベースにしたものは必ずいっしょに

「恵みと繁栄」がもたらされます。

これがずっと続く

豊かな経済を循環させる力なのです。

経営者さんが男性であっても女性であっても

現実的な経済を力強くきり開く

内なる男性性の部分と

ゆたかに育み繁栄させる内なる女性性との

バランスがうまくとれている人は

見えない徳の力に守られたり

豊かな人間関係に救われたりしながら

今この時期でも倒産をまぬがれ

会社やお店を存続できていたりもします。

仮に倒産したり窮地に陥っても

そういう経営者さんは

内なる女神の守護力に支えられて

わりとスピーディーに復活し

以前に壊れたものより

更にもっとよいものを創って

大きく成功する事ができたり。

女性であっても

男性性がパワフルになりすぎている人は

エゴを原動力にした力業で

経済を回そうとしがちだけど

それだと今後はあらゆる事で

苦しくなってゆき頭打ちになります。

欠乏に苦しまない

豊かな経済の起死回生の力は

まず内なる女神の復活!

新生地球は人も自然も

すべての存在が安心して生きる事ができ

ゆたかに繁栄してゆく世界です。



~share the message of love~       まりあ